スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2008の投稿を表示しています

新しいSEMの在り方

アドバタイズより

・CMや他マス広告の出稿金額に比例し、検索数は増える関係にある。
・検索数を増やすには検索窓を表示させるだけでなく、CMでサイトに来訪
する目的を伝えるのが重要。
・サービスや商品名が連想され覚えやすいワードを用いる
・「検索したくなるキャンペーンの設計」が重要
・マス広告とリスティング広告の整合性がとれていることが必要であり
整合性の高低でコスト効率が大きく変わる。

昔はCMに検索窓をつければ消費者を集客出来る時代であったが
マス広告とリスティング広告のクロスメディアが飽和状態である今は
その先を考えた以下に消費者に印象づけられるかが鍵となってくる。

最近では正直検索窓がCMに登場しても全く新鮮ではなく、
むしろうざったい気持ちになることもある。

広告主、大手代理店は次にどういう手法を出してくるのか期待したい。

インストア・テレビ

ダイエースペースクリエイト
スーパーのレジ前にインストア・テレビ導入を検討
「JRのトレインチャンネルなどが成功しているが、スーパーのレジ前
というのは電車の車内とよく似た状況」

消費者が必要としている情報と小売店、メーカーが伝えたい情報
を組み込むことで並ぶ間も楽しく待ってもらうことを狙う。

確かにレジが長蛇の列だと待つ気も失せますがインストア・テレビ
の導入でお客も気持ちに少し余裕が生まれることが考えられます。

インストア・テレビはエレベータやデパートのトイレなど人の目が集中
しそうな場所に設置されてこそ、効果を発揮できるのではないと思います。