※広告料金は記事を掲載した時点のものとなります。予めご了承下さい。

検索ワードA
テレビCMでよく見かける検索窓に使われているキーワードを紹介しています。

集客のきっかけとなるポイント2

◆費用対効果が見える広告より

5.良さそうに見えること

 行動を促進させるうえで重要なのは、ターゲットにレスポンスすることに
よって得られる結果や効果、成果といったベネフィットを具体的にイメージ
させること。

ex サプリメントの広告の場合はただパッケージが立派そうに見える広告
ではなく、立派な原材料を贅沢に使用したいる、手間を惜しまず伝統的な
製法だからといった具体的に製品の良さをイメージできる広告が良い。

6.ブランドに頼らない
 ブランド力を背景にしつつも「集客」を意識し、商品の具体的なベネフィット
や安心できる企業であることを分かりやすく細かく説明する必要がある。

7.ターゲットを限定する
 レスポンス広告は販売である為、最終的には買ってくれる層だけがお客になる。
ある程度絞り込んだメッセージのほうがレレバンシーが高まりレスポンスに良い
影響を与える。
 レスポンス広告においては、ターゲットを絞ることが王道

8.ターゲットは誰か ターゲットに向けた広告を適用する
ex 予備校の広告
・合格実績をそのまま広告にしたもの ターゲットは親メイン
・60段階のレベル別指導、具体的なカリキュラム等 ターゲットは受験生メイン

9.ターゲットの問題意識に適合しているか
 集客をする際に商品が同じでもターゲットの問題意識に合わせて広告を
作る必要がある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...