※広告料金は記事を掲載した時点のものとなります。予めご了承下さい。

検索ワードA
テレビCMでよく見かける検索窓に使われているキーワードを紹介しています。

集客のきっかけとなるポイント3

◆費用対効果が見える広告より

10.ターゲットによって響く言葉が違う
ex 消費者金融の広告
・金利を柱に集客を図る
(実質年利7.8%~)
・利便性重視の層を集客する
(昼までに申し込めばその日に即入金)
・金利に抵抗のある層の集客を図る
(初回借入時から30日間金利\0)

11.ターゲットの恐怖心に訴えかける
 ターゲット自身が経験したことのない事柄やまだ一般化されていない
事柄についてはターゲットのイメージが欲望にまで及ばないため、成果
が期待できない。
⇒恐怖訴求型のアプローチ

12.単品かラインナップか
 ラインナップ広告は総花的になり集客の決め手に欠くことになりがち
単品訴求はブレが少ないので、結果的に集客に結びつきやすい

13.目的を複数持たせない、複雑化させない

14.意図的に異なる広告に見せる?
ex 新築マンションの折り込みチラシ
 今週末のモデルルーム誘因が目的である場合、先週検討したマンションの
広告と思われるよりかは、毎回違う物件の広告に見えたほうが効率が良い
可能性がある。

これまで3回に渡りポイントのみまとめましたが、書籍には広告例のイメージ
も掲載されており、分かりやすいと思いますので是非見て頂ければと思います。 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...