スキップしてメイン コンテンツに移動

説得をするうえでのポイント

◆費用対効果が見える広告より

【説得の定義】

広告に足を止め商品を買っても良いと思った層に対して出来るだけ取りこぼすことなく

一人でも多く購買決定まで誘導すること

行動阻害要因を解決、排除すること

・行動阻害要因 「価格は妥当か?」「信頼できる販売会社か?」などといった疑問

【説得するうえでのポイント】
1.先手必勝

コミュニケーションのきっかけ、会話の口火は必ず広告のほうから先に切る。

2.バーチャル・インタラクティブ・コミュニケーション

ターゲットがインタラクティブだと感じられるコミュニケーションを用意し、

広告の中で情報のキャッチボール(会話)をする。

結論を押しつけるのではなく、ターゲット自身が自分で選んだと感じられるようにする。

【広告における説得のポイント】
1.数値データによる説得

2.権威付けによる説得
ex 化粧品なら通販コスメ金賞受賞といった権威付け

3.テスティモニアル、証言による説得
テスティモニアル・・奨励広告

4.ターゲットに応じて説得のポイントを変える

5.効果のある説得ポイントは何度でも繰り返す

6.サービス開発により説得する
ex 「全額返金」「返品保証」をつけた製品販売広告