※広告料金は記事を掲載した時点のものとなります。予めご了承下さい。

検索ワードA
テレビCMでよく見かける検索窓に使われているキーワードを紹介しています。

高い情報価値を提供し、共感をしてもらうこと

昨日は「明日の広告」の著者に聞く、ソーシャルメディア時代のコミュニケーションの

セミナーに参加してきました。講師は佐藤尚之さん。

今回のセミナーに参加して強く感じたのは次のことです。

「高い情報価値を提供し、共感をしてもらうこと」

一言でいうとこれに尽きるのではないかと思います。

現在では情報洪水が起こり、受け取る情報の量が莫大に増えたとはいえ、

高い情報価値が提供出来て、共感してもらえれば人のココロに響くと

いうことは昔も今も変わらない、ましてや未来についても言えるのでは

ないかと思います。それだけ上記の考え方がいかに重要かということを

自分では感じました。

「情報価値」という言葉は福田敏也さんのセミナーでもキーワードとして

使われた言葉で、今回の佐藤尚之さんのセミナーを受けて更に自分の中での

考え方が明確になりました。また同じ言葉が違う方から発せられるということは

現在において生活者と人、企業を結びつける為のとても重要なキーワード

であるということを強く感じました。

その他印象に残ったもの(ものすごく共感できた部分)としては下記があります。

・佐藤さんが今の情報は主にツイッターで受動的に仕入れているという点
【情報の流れ】
(以前)マスメディアからの一方的な情報を生活者は受け入れていた。
(現在)ソーシャルメディアで仕入れた情報(自分が共感出来る)を確認する為
にマスメディアを使う。

・社会貢献が問われる。
ソーシャルメディアを使ってどううまく使えるかが鍵(自分でも考えようと思います)

・SIPSの法則
こちらは今は深く触れないで欲しいということをセミナーでおっしゃられていたので

このブログでは取り上げませんが、AISAS⇒SIPSへのシフトは既に多くの箇所で起こって

いるのを感じます。特に私はAISASのSearchの部分の仕事に現在従事していますが、

SearchはIdentifyの一部であるという言葉に強く共感出来ました。

時代が変わるのは早いと実感しつつ、この流れについていかなければいけないという

危機感を感じたのも事実です。

本来であれば書きたい事がまだまだあるのですが、次回はもう少し共感できた部分に

ついて掘り下げてこのブログで取り上げようと思います。

佐藤尚之さん、福田敏也さんのセミナーで自分の中で考え方の整理が出来、

また知識を蓄えることが出来、大変満足しています。

・佐藤尚之さんのブログ www.さとなお.com
⇒カテゴリ「広告関係」に今回セミナーでお話頂いた内容も記載されています。

・福田敏也さんのブログ PEACE!
⇒「その情報は、情報価値がないから流通しない」に考えを纏められています。参考になります。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...