※広告料金は記事を掲載した時点のものとなります。予めご了承下さい。

検索ワードA
テレビCMでよく見かける検索窓に使われているキーワードを紹介しています。

ソーシャルコントロール?

株式会社SBYプロモーションよりソーシャルコントロール

というサービスがリリースされました。

お客様の声書込代行サービスで口コミを有効に活用して

売上アップに貢献するというサービスということです。

既にtwitterを始め、話題となっています。

またしなぷすでは既にソーシャルコントロールのサービス

について意見が述べられています。

私の意見を以下に纏めてみました。

ソーシャルコントロールのサイトにあるFAQの中に
これってヤラセじゃないのという項目があります。

Q.これってヤラセじゃないの?
A.ヤラセではありません。実際に御社のサービスを利用された
お客様の声をヒアリングいたします。事実に無い表現や内容
などは書込みいたしません。

ヤラセではないと言い切っているのですが、どうも腑に落ちません。

サービスを利用したお客様の声をヒアリングするということですが、

実際に該当する人たちを多く集めることは出来るでしょうか。
(上記をするだけでもかなり大変だと思うのですが)

またその中に仮にサービスについて良く思わない人がいた時は
どう対応するのでしょうか。(恐らく排除するという形でしょうか。)

このソーシャルコントロールというサービスを見てペイパーポスト

と共通するところが多いと感じました。

【仮に依頼主のサービスを利用した人を集める場合】
(あくまで想像です。)

①ペーパーポストのような要領で金銭を提供する形で人を集める。

②依頼主のサービスを利用させて依頼主の都合のいいことだけを
纏めて下さいと依頼。(サービスは実際に利用している)

③良いコメントをした人に金銭が支払われる。
(もしくは協力した人全員にお金が支払われ、良いコメントを
した人には高い金銭が支払われる。)

ペイパーポストについてはtokuriki.com

「安易にペイパーポストには手を出しちゃダメ

だと思う 11の理由」に分かりやすく纏められています。

ソーシャルコントロールのサービス内容に対して

既にtwitterでは炎上気味の状態になっています。

ペーパーポスト同様、依頼主の企業側に炎上リスクが

あるということが十分考えられます。

(詳細なサービス内容は勿論現時点で分かりませんので

あくまでリスクがあるということだけに留めておきます。)

本来は個々人が感動した体験を共有したい、共感して欲しいという思いが

正の連鎖となって多くの人に伝わっていくことが自然な流れではないのでしょうか。

一言で言えば「信頼」。お互いの「信頼」を築く事が出来てそれが

感動的なものであれば多く人に共有したいし、他の人にも共感して

欲しいと感じるはずです。

ソーシャルはコントロール出来るのでしょうか。

話題が良い方向に向かうように色々仕掛けることは出来ると

思いますが、コントロールという強い言葉でそれこそ人を

縛ることは出来ないと感じます。

感情をありのままに書いたので纏まりがない文章でスミマセン。

今週何らかの動きがあるかもしれないので、要注目です。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...