※広告料金は記事を掲載した時点のものとなります。予めご了承下さい。

検索ワードA
テレビCMでよく見かける検索窓に使われているキーワードを紹介しています。

ナビスコカップ歴代の名シーンが目の前に出現するAR広告


Jリーグは、11月3日に「2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝」を開催するにあたり、歴代の決勝の写真を用いた駅貼り広告を、10月29日から都内の10駅で掲出している。同大会が、1992年の開幕から今年で20回目を迎えることを記念した取り組みだ。

広告はAR(Augumented Reality:拡張現実)技術を活用したもので、スマートフォン向けアプリ「junaio(ジュナイオ)」をダウンロードし、アプリを起動してポスターにかざすと、選手がまるでそこにいるかのように現れる。

第1回大会の決勝で決勝点を決めた三浦知良選手をはじめ、出現する選手の写真は計19パターン。歴代優勝クラブの歓喜の瞬間や、選手が優勝杯を掲げるシーンなど数々の名シーンのほか、“シークレットキャラクター”も隠されており、アプリを起動してスマートフォンのカメラをかざすたびに、ランダムに出現する。

東京メトロ「新宿」駅ではB0ポスター20連貼りを掲出しているほか、東急田園都市線「渋谷」駅ではB0ポスター12連貼り、JR「東京」「渋谷」「池袋」「新宿」「品川」「秋葉原」「新橋」「高田馬場」の各駅構内ではB0ポスター 2連貼りを掲出している。

掲出は11月4日まで。
【掲載元】アドバタイズ

シークレットキャラクターが気になります。

新宿は通勤圏内なので途中下車してキャプチャを撮ってこようかと
思います。(時間があれば)

AR広告はポスターや新聞など面白い試みが色々あるので取り上げて
いきたいですね。また広告料金も気になるところです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...