スキップしてメイン コンテンツに移動

「交通広告グランプリ2013」グランプリ決定

交通広告グランプリ2013

ジェイアール東日本企画が主催する「交通広告グランプリ2013」

の受賞作品が決定しました。

今年のグランプリは「大塚製薬株式会社 とどけ、熱量。」でした。

私がインパクトがあったと思った広告は「白木屋男会キャンペーン」の

ポスターです。

他の広告は 交通広告グランプリ 2013年度受賞作品 からご覧ください。

またマスメディアンからのメールでは次のように紹介されていました。
さかのぼると長い歴史がありました。

この交通広告グランプリという名称での作品募集は2006年に
スタートしましたが、原点を辿ると1956年(昭和31年)に
始まった「秀作車内ポスター展」にまで遡ります。これは
東京近郊の国鉄・私鉄・都電に掲出された車内ポスターの
中から選ばれた優秀作品が一堂に会する広告展示会でした。
その後、様々に名称を変え、現在の「JR東日本」のほか
「つくばエクスプレス」「ゆりかもめ」「りんかい線」
「JR貨物」に掲出された作品を対象とした現在の形となっ
たそうです。

2012年は「交通広告グランプリ2012」グランプリ決定のエントリーを確認下さい。