※広告料金は記事を掲載した時点のものとなります。予めご了承下さい。

検索ワードA
テレビCMでよく見かける検索窓に使われているキーワードを紹介しています。

世界の広告費、2014年には4.5%成長へ



電通グループのCarat(カラ)が2013年、2014年の世界の広告費の成長率予測を発表した。

カラは、年に2回(2~3月と8~9月)、全世界57地域から収集したデータを基に、世界の広告費の成長率予測を行っている。2~3月には前年実績の確定と当年および翌年の予測を行い、8~9月には当年および翌年の予測を改訂している。

発表によると、2013年の世界の広告費の成長率は3.0%増(同)へ。今年3月の予測3.7%増(対2012年比)から微減している。世界経済の回復が想定より緩やかであったことがその主要因とされている。

2014年は、ブラジルでのワールドカップ、ロシア/ソチでの冬季オリンピック、米国での中間選挙等の大イベントがあることから、4.5%増と予測。特に成長率が顕著なのは、ラテンアメリカ(対2013年比14.5%増)で、中央および東ヨーロッパ(同7.4%増)、アジアパシフィック(同5.2%増)地域も、順調に成長と予測している。

また、2012年、13年とマイナス成長が続く西ヨーロッパ(英国を除く)でも、2014年は回復傾向(同1.4%増)へ。北米は引き続き安定した成長(同3.0%増)が見込まれる。

【掲載元】マイナビニュース

ラテンアメリカの伸びが顕著ですね。

世界全体の広告費の成長率が堅調に伸びそうなので、世界経済の回復も

今後より期待できそうです。

2014年はワールドカップ、ロシア/ソチでの冬季オリンピックと2大イベント

があるので、広告、広告費という観点で見ても非常に楽しみな年です。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...