スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

広告料金 mixi ホームエキスパンドアド

mixi ホームエキスパンドアド 広告料金掲載面ホーム面広告料金¥2,500,000
掲載期間1週間掲載方法ローテーションインプレッション5,000,000imp想定【掲載元】DAC AD Guide_201310

mixiのホーム面のファーストビューで掲載される広告です。

マウスオーバーで左右945×天地500サイズへエキスパンドし、豊かな表現が可能です。

マウスオーバーでエクスパンドする広告はYahoo!を始め、色々なサイトで新商品として出てきています。

mixiも負けじと注力商品として展開しています。

最近mixiの広告メニューを紹介する機会が減りましたが、毎週ログインジャックをやっていたころのキャプチャーをとってありますので、こちらも是非御覧ください。

広告事例 mixiログイン画面ジャック

LINE マストバイ ミューズ

LINE公式ブログに紹介されていますが、ミューズがLINEマストバイを実施しています。

対象商品を購入してキャンペーンシールに記載されているシリアルナンバーを登録するとLINEの限定スタンプがもらえます。

【参考】
スタンプ配信費 ¥20,000,000

公式アカウント開設費 ¥8,000,000〜¥15,000,000

システム管理費 ¥5,000,000~

【掲載元】LINE株式会社 | 広告出稿

周りでも風邪がはやってきました。うがい、手洗いは忘れずにしたいものです。

ミューズの限定スタンプのダウンロード期間が2013年11月12日(火)~2014年2月10日(月)となっています。
(風邪がはやる時期にうまく合わせていますよね)

薬用せっけんミューズを購入すると、「ミューナちゃん LINEスタンプ」がもらえるキャンペーン開始!

広告主が思う広告効果測定に関する課題トップ3

宣伝会議にて広告主が思う広告効果測定に関する課題という記事が取り上げられていましたので紹介します。

1.BS・CSを含む、テレビ広告の効果測定
【広告主回答例】
人気ドラマなどは録画視聴スタイルが定着しているが、そこに流すCMの効果は視聴率で評価される”視聴率至上主義”である。
メディア費にも関わってくるところなので再考願いたい。

⇒前回のエントリーでも視聴者参加型のテレビ番組について簡単に書きましたが、未だに視聴率至上主義の風潮が蔓延っていると感じます。
視聴率という指標もあっていいのですが、それとは別な新たな指標も今後出て来て欲しいと思います。

この件に関して電通報に取り上げられていたトピックも参考になるので、後日紹介します。

2.効果測定指標の策定や、KPIの設定
【広告主回答例】
効果測定の指標は設定しているが、効果測定の参照値として使用している段階で、効果的に指標を活用し次期計画まで反映する段階に至っていない。
運用しながら、より有用な評価測定方法へと進化させたい。

⇒各社まだ定まってないといった感じでしょうか。
簡単に導き出せるものでもないので、試行錯誤しながら考え、作り出していかなければいけないと思います。

3.WEBと他媒体の統合的な効果測定
【広告主回答例】
クロスメディア活用時の広告効果測定は正確さに欠けるように感じる。
購買と連動した信頼できる効果測定が出来るとよい。

⇒オンラインではアトリビューションを計測出来る環境が整ってきたこともあり、統合的な効果測定の広がりも少しずつ増えてきたと感じます。
オンラインとオフラインを繋いだ統合的な効果測定については事例は少ないものの、グーグルのシングルソースパネルといったクロスメディア調査が実施されており、環境が整えばクロスメディアの広告効果検証は増えると思います。(金額面の問題などありますが、ニーズは高いと感じます。)

本日スタート 金曜カーソル

本日20時より視聴者参加型番組「金曜カーソル」がWOWOWプライムにて無料放送されます。

「カーソル」が番組を作る!?まったく新しいユーザー参加型エンターテイメント番組ということで生放送中にスマホやタブレットで番組内ゲームに参加出来るそうです。

エンタメマトリックスとか面白そうですよね。
PKのどこを狙うのか予想するゲームなど、色々と楽しそうなゲームが登場しそうです。

お時間ある方は本日20時からWOWOWプライムをチェック!(私は仕事で無理そうです。orz )

番組ツイッターもあるので、今日の放送の感想などチェックしてみようと思います。

2時間と長いですが、参加型ゲームに夢中になってあっという間に時間が過ぎそうですね。

テレビ番組というと今でも視聴率ばかりが重視されていますが、視聴者と一緒に創る番組はこれからより重宝されるのではないかと個人的に思います。

なのでこのような取組は歓迎出来ますし、視聴率だけでなく、新しいテレビ番組の指標も出て来て欲しいです。

先月ビデオリサーチから「1分あたりのツイート件数」を指標として研究するというリリースがありました。

Twitter Japan協力のもと、統一取得ルールによるテレビ番組指標を検討

広告の視点で考えた場合、私個人にはなりますが、基本録画した番組は、テレビCMを100%スキップします。

またリアルタイムで番組を見た場合でもテレビCMを見るというよりは、本を読んだりなどCM中の60秒、90秒を有効に使おうと考えてしまいます。(そういう行動をしています。)

実現は難しいでしょうけど、テレビCMでも参加型ゲームのような取組が出来ればテレビCMを見てくれない、スキップされるという行為は減少するかと思います。(番組を録画した場合は参加は出来ませんが…)

話は脱線しましたが、とにもかくにも「金曜カーソル」期待大です。

2013年プロ野球日本シリーズの視聴率

【掲載元】ビデオリサーチ

ビデオリサーチより2013年プロ野球日本シリーズの視聴率が出ていましたのでご紹介。

今年の日本シリーズは第7戦までもつれて近年まれにみる非常に面白かったシリーズでした。(個人的に)

関東地区でも視聴率は20%以上で昨年の巨人VS日ハム戦がの平均約17%に比べても高くなっております。

Yahoo リアルタイム検索結果(検索ワード:日本シリーズ)でも調べてみました。



2日(第6戦)、3日(第7戦)のツイート数が多く、10万件を超えた日もあります。

田中将大が登板した試合のツイート数が高かったようです。

不定期に視聴率データなども紹介出来ればと思います。

ちなみに細かいですが、日本シリーズの読み方は「にっぽんシリーズ」とのことです。(にほんではなくにっぽん)

日経広告大賞2013

大分時間が経ってしまいましたが、基本的に広告賞については

このブログで紹介をしていきたい為、取り上げました。

日経広告賞の応募資格は日本経済新聞紙上に掲載された

広告作品で、5段1/2以上となります。

NIKKEI AD Webを確認しましたが、まだ受賞作品のサイトは

更新されていないようです。

以下【掲載元】アドバタイズです。

日本経済新聞社は11日、「第62回 日経広告賞」の結果を発表。
大賞には凸版印刷、最優秀賞にはオンワード樫山とマツダの2点
が選ばれた。オンワード樫山は、前回開催の第61回でも優秀賞
を受賞した。

大賞の凸版印刷は、「製品・サービスの特性だけではなく、
企業文化もはっきりと述べている。新聞広告を意識して写真を
大きく使ったシリーズ原稿は目を引き、独自性が明確に表現
されている」(審査委員長・小林保彦氏)と評価された。

日経広告賞の審査対象作品数は計1229点。小林氏は、「全体を
通して、時代の流れの中で『古いものの新しさ』を見つめ直そ
うとする広告が多かった。また、消費者の堅実な生活ぶりに
沿った表現が目立った」と総評を述べた。

日経広告賞各賞は以下の通り。

<日経広告賞>

★環境広告賞
  大賞・環境大臣賞:イオン
  最優秀賞:環境省、東京ガス

★コーポレートブランド広告賞
  大賞:東芝
  優秀賞:高島屋、日本ハム
  ※高島屋の『高』-本来は“はしごたか”

★IR広告賞
  大賞:丸紅

★コンピュータ・オフィス機器部門
  最優秀賞:村田製作所
  優秀賞:岡村製作所、日本アイ・ビー・エム

★デジタル機器・家電製品部門
  最優秀賞:ソフトバンクモバイル
  優秀賞:パナソニック、エヌ・ティ・ティ・ドコモ

★生産財・産業部門
  最優秀賞:三菱電機
  優秀賞:テルモ、東京ガス

★人材・教育・公共部門
  最優秀賞:河合塾
  優秀賞:リクルートキャリア、吉本興業

★自動車・運輸部門
  最優秀賞:トヨタマーケティングジャパン
  優秀賞:ホンダ、ヤマトホールディングス

★金融部門
  最優秀賞:三井住友銀行
  優秀賞:全国保証、東京海上日動火災保険

★流通・ブランド品部門
  最優秀賞:ジェイアイエヌ
  優秀賞:エルメスジャポン、三越伊勢丹ホールディングス

★旅客・サービス・商社部門
  最優秀賞:ぐるなび
  優秀賞:…

渋谷109シリンダー広告 マイクロソフト Surface

2013年10月後半はマイクロソフトのSurfaceの広告でした。

渋谷屋外ビジョンの「Q'sEYE」に広告を何回か掲載していましたが、109シリンダー広告は今回が初の出稿だと思われます。

Surfaceの広告は屋外広告をはじめ、NEVERまとめのようなインターネット広告など最近多く見かけます。

掲載料金は広告料金 渋谷109シリンダー広告を参照下さい。