※広告料金は記事を掲載した時点のものとなります。予めご了承下さい。

検索ワードA
テレビCMでよく見かける検索窓に使われているキーワードを紹介しています。

【Google動画広告】TrueViewインストリーム広告

TrueViewインストリーム広告

YouTubeを見ていると動画再生の前に広告を見かけたことが良くあると思います。

最近注目されている動画広告について、Trueview動画広告を紹介していきたいと思います。

Trueview動画広告の概要から実際に広告を運用をしている中での注意する点など幅広く紹介していきます。

TrueView動画広告にはいくつか種類があるのですが、今回はTrueViewインストリーム広告を取り上げます。

TrueViewインストリーム広告とは(YouTubeヘルプより)


動画再生ページで鑑賞するパートナーコンテンツに対して、動画本編の直前または再生中に動画広告として表示されます。

視聴者は広告をすべて見るか、その広告を5秒間見た後スキップするかを選択できます。

動画再生から5秒が過ぎると右下に広告をスキップというボタンが表示されます。
(画像赤枠の部分)

費用について


視聴者が広告を30秒間(それより短い広告は最後まで)見た場合にのみ費用が発生します。

入札金額


¥1から入札が可能です。

オプション


300×60コンパニオンバナー(画像青枠の部分)

-概要
コンパニオンバナーがクリックされるとリンク先に設定したサイトへ誘導することが出来ます。(非課金)

-表示形式
広告再生時、広告再生終了時後もコンパニオンバナーを表示。また、広告をスキップされても表示は残ります。

※設定しない場合は、自動生成のコンパニオンバナーが表示されます。

広告主にとっては30秒間(それより短い広告は最後まで)見られないと費用が発生しない為、広告料金が予め決まっている純広告とは違い、小額の予算でも実施が出来ます。

1視聴単価(CPV)は条件にもよりますが(予算や期間など)、¥5~¥10、安ければ¥2、¥3というケースも実際にあります。

海外では必ず広告を見てもらう為に5秒の動画を用意して、広告がスキップされる前に見せてしまおうという事例もあるようです。

広告料金とは関係ありませんが、設定方法なども定期的に取り上げていく予定です。

【特集】Trueview動画広告
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...