スキップしてメイン コンテンツに移動

マス広告×SEMにおけるキーワードの大原則

◆宣伝会議より
「検索されやすいのは、オリジナルワード?」

1.検索してもらいたい意図を伝える
テレビCMでの検索ワードの訴求に合わせて、効果音やナレーション、テロップ
により検索への注目を高め、Go to WEB型の広告であることを伝える。

2.WEBサイトに訪問する明確な目的を伝える
WEBサイトに訪問する目的を明確にしたテレビCMの検索数が多くなる傾向にある。
※WEBサイトへ行く明確な目的を持ったキャンペーンサイトと企業サイトの検索数を
比較するとキャンペーンサイト2.4に対して企業サイト1となる。

3.テレビCMの内容や世界観と連動した検索ワードを訴求する
テレビCMの内容や世界観と合致したオリジナルワードの検索数が多い。

4.覚えやすい検索ワードにする
適度に短く英語やかな、数字など混ざっていない検索ワードが望ましい
※カタカナ、英語、数字、ひらがなのみ2の検索数に対し、様々な文字の組み合わせは1となる。

さらに最近ではPCのみでなくモバイルから検索した際に広告ないしは自然検索結果に
表示されるかが重要となっている。モバイルからの検索を考えるとさらに文字数が
短く打ちやすいことが求められる。

今後巷に出ている広告×SEMの上記のような観点から自分なりに考えてみたい。

今気になっているのは「10weeks」です。

◆関連記事
モバイルがキーになる?クロスメディア戦略とSEM

広告料金HOWマッチ アクセスランキング(過去30日間)

Yahoo! JAPANトップページの広告料金

リニアビデオ広告

GRP(Gross Rating Point)

新聞広告 3段

Yahoo! JAPAN トップインパクト ダイハツ BOON