スキップしてメイン コンテンツに移動

みんなに好かれようとしてみんなに嫌われるを読んで2

みんなに好かれようとしてみんなに嫌われるから関心の持ったテーマ

を簡単に取り上げていきます。

・良い広告は特別ボーナスの価値がある

家族でCMを見ていたらお父さんの会社のCMが流れた。

妻も娘もこのCMいいわねーとほめてくれた。

この家族の評判を得て、お父さんをうれしくさせたCMは、彼をうれしく

させた分だけ、会社からの特別ボーナスであるといえないか。

好感度の高いCMは、商品や企業の価値を上げるとともに、社員のモラルの

向上にも大いなる効果を上げることが出来る。

CMを最も注視するのはクライアント企業の社員や関係者で、次がライバル企業の

人々、3番目が担当広告社の面々、4と5がなくてやっと視聴者なのである。

CMを最も注視するのはクライアント企業の社員であるということは納得できます。

そして4と5がなくてやっと視聴者という言い方も的を射ていると思います。

CMと視聴者の距離、視聴者に届けることの難しさが分かりました。

私が企業CMで思い出すのが株式会社生産技術のCMなのですが、富山の会社でありながら

かなり大規模なCM出稿を展開しています。社員のモチベーションはかなり高いのではないでしょうか。

株式会社生産技術 全国テレビCM放映予定

広告料金HOWマッチ アクセスランキング(過去30日間)

Yahoo! JAPANトップページの広告料金

リニアビデオ広告

GRP(Gross Rating Point)

新聞広告 3段

Yahoo! JAPAN トップインパクト ダイハツ BOON