スキップしてメイン コンテンツに移動

一般広告の役割

<一般広告の役割>

ブランド名を伝え、認知率を高め、好いイメージを醸成させること

ターゲット:不特定多数の一般生活者 「通行人」

商品を購入する場所:
広告に接触した場所とは離れた別の場所 「店舗」

商品を購入するタイミング:
広告に接触したタイミングより時間が経ったかなり後

広告に求められていること
良いイメージを醸成させておくこと

広告の成果
売り場での優位を築くこと


◆費用対効果が見える広告より

広告とは上記で取り上げた一般広告を指すことが以前では主流でしたし

広告の定義としては今後も変わりないものであるかと思います。

しかし上記にあわせてレスポンス広告(販売行為に直接繋げられる広告)を

どううまく取り入れ実行出来るか、また費用対効果を考える以上は

一般広告よりもレスポンス広告が今後より重要になるのではないか

(広告主の目的が利益の獲得である場合)と思います。

本書ではレスポンス広告は販売行為そのものと謳っていますが、

広告という言葉のとらえ方を考えるいいきっかけになりました。

広告料金HOWマッチ アクセスランキング(過去30日間)

Yahoo! JAPANトップページの広告料金

リニアビデオ広告

GRP(Gross Rating Point)

新聞広告 3段

インタースティシャル広告