スキップしてメイン コンテンツに移動

レスポンス広告の役割

こちらから仕掛け、必要に気づかせ、欲望に火をつけ、購買させること

ターゲット:不特性多数の一般生活者

商品を購買する場所:
広告に接触した、まさにその場所
メディア上のバーチャル店舗 「レスポンス広告」そのもの

商品を購買するタイミング:
広告に接触した、まさにそのタイミング

広告に求められること:
広告が「店舗」であることを気づかせる
通行人を立ち止まらせ、店舗である広告の中に引きずり込むこと
実際に商品を売る(購買させる)歩行中の風景では話にならない

広告の成果:
売上と個人情報(住所、氏名、その他)の取得

【掲載元】費用対効果が見える広告

いかにしてより多くのレスポンスを獲得するのかは、いかにして多くの衝動買いを発生させるのかと同じ意味であると本書では言っています。

また売り手の意思で、意図的、計画的、誘導的にリードをサポートし、合理的により高い頻度で、より大量に、安定的に引き起こすことを目指すものとも言っています。

レスポンス広告は広告ではないと本書が語るように広告というアプローチ方法を用いてもレスポンスを取りに行く強い信念、広告をうったから終わりという時代はもうとっくに終わったということを改めて感じます。

とは言え一般広告がブランド名を伝え、認知率を高め、好いイメージを醸成させるものであれば、一般広告がレスポンス広告をアシストするような間接効果としての影響も当然あるのも確かだと思います。

費用対効果に見合わないと言えばそれまでですが、テレビ広告で検索連動型広告へ誘導する典型的なパターンでもテレビ広告をやらないときに比べコンバージョン数が激増する例も見ています。

そういう意味ではレスポンス広告だけやって目的が達成できればそれはベストなのですが、うまく一般広告と組み合わせるとさらに効果を高めることができる可能性はあるのかと思います。

広告料金HOWマッチ アクセスランキング(過去30日間)

Yahoo! JAPANトップページの広告料金

デジタルフットプリント

GRP(Gross Rating Point)

SOV、SOM

マーケティング投資配分最適化