スキップしてメイン コンテンツに移動

スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞



スティーブ・ジョブズ
Apple社は10月5日、同社共同設立者の一人で前CEOスティーブ・ジョブズ氏が死去したと発表した。享年56歳。
1976年にApple社を共同設立。その後社内での対立等により1985年に退社、1986年に設立したピクサー・アニメーション・スタジオを経て 1997年よりApple社にCEOとして復帰。復帰後は「iPod」や「iPhone」、「iPad」等革新的な製品を生み出し、世界トップのIT企業に押し上げた。2011年1月より体調不良を理由に休職し、同年8月にはCEO職を辞任していた。Appleホームページでは「Appleは先見と創造性に満ちた天才を失いました。」と追悼コメントを掲載している。

テレビを中心にスティーブ・ジョブズの死去について色々と取り上げられていました。
その中でもスティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞は多くの人が胸をうたれ、
共感したそうです。

私は今日初めて聞いてみたのですが、特に「死に関する話」について今まで以上に
深く重く受け止め、これからの残りの人生を頑張らなければと思いました。

言葉の1つ1つに重みを感じ、自分を見つめ直すいいキッカケになりました。

日本語訳は「H-Yamaguchi.netのSteve Jobsのスピーチ、山口訳」からどうぞ。

今回は広告料金に関することでなく申し訳ございません。
たまには関係ない投稿もしていきますが、引き続きご愛顧頂けますようお願いします。

広告料金HOWマッチ アクセスランキング(過去30日間)

Yahoo! JAPANトップページの広告料金

リニアビデオ広告

広告料金 Amazon サイトワイドマーキープッシュダウン

GRP(Gross Rating Point)

アドベリフィケーション