第11回モバイル広告大賞



D2C(ディーツーコミュニケーションズから社名変更)が主催する第11回「モバイル広告大賞」の入賞作品が4日に発表され、グランプリには小型車MINI(ミニ)のキャンペーン企画として昨年12月に実施した「MINI COUPÉ(ミニ・クーペ)ハンティング大作戦」(ビー・エム・ダブリュー)が選ばれた。

スマートフォンを活用し都内で行われたユーザー参加型企画で、スマホアプリで地図上に登場する一台のMINI COUPÉを奪い合うというもの。

期間は9日間で、ゲーム終了時に持っていた人に実車がプレゼントされた。
特設サイトのPV数約43万、アプリダウンロード数約2万3000、フェイスブック「いいね!」数3000以上などを記録した。

インパクトのある企画でブランド構築に貢献したことやゲーム性、スケール感などが評価された。

グランプリのほか、マーケティング部門の「ベストキャンペーン」「ベストブランディング」にも選ばれた。

このほか、マーケティング部門では「ベスト」が延べ7作品、クリエーティブ部門は2作品が選ばれた。日交データサービスの「全国タクシー配車アプリ」は、マーケティング部門の「ベストイフェクティブネス」「ベストユーズオブテクノロジー」の両方で選ばれた。

「MINI COUPÉ(ミニ・クーペ)ハンティング大作戦」はこのブログでも紹介し、実際にアプリをダウンロードしましたが、東京23区内限定の為、結局参加出来ずに終わってしまいました。

スマートフォンも普及し、今後もあっというような企画やキャンペーンが実施されることを期待しています。